ITパスポート 平成26年秋期 問52

問52

IPv4をIPv6に置き換える効果として,適切なものはどれか。
  • インターネットから直接アクセス可能なIPアドレスが他と重複しても,問題が生じなくなる。
  • インターネットから直接アクセス可能なIPアドレスの不足が,解消される。
  • インターネットへの接続に光ファイバが利用できるようになる。
  • インターネットを利用するときの通信速度が速くなる。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク応用

正解

解説

IPv6は、インターネットで主流であるIPv4の次期バージョン。IPv4のアドレス空間は32ビット(約42億個)であすが、インターネットの世界的な普及で枯渇までのカウントダウンが始まっています。
この問題への対策として、策定されたのがIPv6でIPv4からの主な変更点は次の通りです。
  • アドレス空間を32ビットから128ビットに拡大
  • ヘッダのサイズを可変長から固定に変更
  • IPアドレスの自動設定
  • IPsecによるIP層でのセキュリティ強化
特に重要なのがアドレス空間の拡大で、128ビット化によって割り当て可能なアドレス数は事実上無限ともいえる340澗個に増加し、IPv6への移行が進むことでアドレス枯渇の心配は解消される見込みです。
  • IPアドレスはインターネット上でコンピュータの位置を表す住所のようなものです。IPv6でもアドレスの重複は問題になります。
  • 正しい。
  • 光ファイバはIPv4でも利用可能です。
  • 通信速度とIPのバージョンは関係がありません。
※340澗(かん)は340兆の1兆倍の1兆倍
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop