ITパスポート 平成26年秋期 問67

問67

情報セキュリティの要素である機密性,完全性及び可用性のうち,完全性を高める例として,最も適切なものはどれか。
  • データの入力者以外の者が,入力されたデータの正しさをチェックする。
  • データを外部媒体に保存するときは,暗号化する。
  • データを処理するシステムに予備電源を増設する。
  • ファイルに読出し用パスワードを設定する。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ管理

正解

解説

情報セキュリティの三要素はそれぞれ以下のような特性を表しています。
機密性(Confidential)
許可された正規のユーザだけが情報にアクセスできる特性
完全性(Integrity)
情報が完全で、改ざん・破壊されていない特性
可用性(Availability)
障害が発生しても安定したサービスを提供でき、ユーザが必要な時にシステムを利用可能である特性
それぞれの事例を上記の特性に当てはめると次のようになります。
  • 正しい。完全性を高める例です。
  • 機密性を高める例です。
  • 可用性を高める例です。
  • 機密性を高める例です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop