ITパスポート 平成26年秋期 問87

【問85〜88は中問形式の出題です。中問Aの問題文を読んでから回答してください。】

問87

作業Hは,他の作業に比べて日数が多い。作業Hの内容を確認したところ,費用を現在の12よりも多く負担することで,作業をH1〜H3の三つに分割できることが分かった。分割後のそれぞれの作業の回数,費用及び前作業は表2のとおりである。このときの費用と効果に関する記述として,適切なものはどれか。
87.gif/image-size:323×123
  • 費用を2追加することで,作業Hを2日間短縮できる。
  • 費用を2追加することで,作業Hを3日間短縮できる。
  • 費用を3追加することで,作業Hを2日間短縮できる。
  • 費用を3追加することで,作業Hを3日間短縮できる。

分類

マネジメント系

正解

解説

H1〜H3をアローダイアグラムで表すと次のようになります。
87a.gif/image-size:309×134
分割前と比較すると、H1とH2が並行作業になり作業H全体は5日で完了させることができるので短縮日数は、(7−5=)2日間になります。

追加費用ですが、従来の作業Hの費用と分割後の各作業の費用の合計と差を計算して求めます。(従来の作業Hは費用12)

 5+6+4−12=3

したがって追加費用は3です。

まとめると「3の追加費用で2日間の短縮が可能」が適切な説明となります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop