ITパスポート 平成26年春期 問20

問20

全国の業務担当者を対象として,販売予測システムの利用方法に関する研修を計画している。研修にe-ラーニングを利用することで得られるメリットはどれか。
  • 業務担当者がシステムの内容を設計担当者から直接受講し,その場で質疑を行える。
  • 業務担当者が自分の業務の空き時間を利用して,好きなときに受講できる。
  • 業務担当者が複数同席し,システムの利用方法について意見を交換できる。
  • 業務担当者を一堂に集めて,一度で研修できる。

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » システム活用促進・評価

正解

解説

e-ラーニングは、パソコンやCD,DVD、携帯端末などの機器を使い、インターネットなどのネットワークを利用して学習や教育を行う形態です。

集合学習と比較をした場合、e-ラーニングには、
  • 自分のペースで学習することができる
  • 学習履歴を管理することができる
  • 場所代や講師代・参加者の交通費などのコストを削減できる
などのメリットがあります。

したがってe-ラーニングのメリットとして適切なのは「イ」になります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop