ITパスポート 平成26年春期 問26

問26

ソフトウェアライフサイクルを,企画,要件定義,開発,運用のプロセスに分けたとき,要件定義プロセスの段階で確認又は検証するものはどれか。
  • システム要件とソフトウェア要件の一貫性と追跡可能性
  • ソフトウェア要件に関するソフトウェア設計の実現可能性
  • ユーザや顧客のニーズ及び要望から見た業務要件の妥当性
  • 割り振られた要件を満たすソフトウェア品目の実現可能性

分類

ストラテジ系 » システム企画 » 要件定義

正解

解説

共通フレームの定義によると、ソフトウェアライフサイクルは、ソフトウェアの開発から運用〜廃棄に至るまでを以下のようにいくつかのプロセスに分けて考えます。

企画プロセス ⇒ 要件定義プロセス ⇒ 開発プロセス ⇒ 運用プロセス ⇒ 保守プロセス

各プロセスの概要は以下の通りです。
企画プロセス
経営事業の目的、目標を達成するために必要とされるシステムへの要求事項をまとめ、実施計画を得る。
要件定義プロセス
利害関係者のニーズを識別と制約事項の定義などを行い、新しく構築するシステムの仕様を明確化する。
開発プロセス
要求事項をもとに、ニーズに合ったシステムを開発する。
運用プロセス
当初の目的の環境で、システム・ソフトウェア製品を適切に運用する。
保守プロセス
運用後、不具合を訂正したり、環境の変化や性能の向上などを目的としてソフトウェアを修正したりする。
要件定義プロセスでは、利害関係者から提示されたニーズ及び要望を識別・整理した上で、業務上実現すべき要件(業務要件)を明らかにします。したがって「ウ」が適切です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop