ITパスポート 平成26年春期 問30

問30

"製品","価格","流通","販売促進"の四つを構成要素とするマーケティング手法はどれか。
  • ソーシャルマーケティング
  • ダイレクトマーケティング
  • マーケティングチャネル
  • マーケティングミックス

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » マーケティング

正解

解説

マーケティングミックスは、企業がマーケティング戦略において目標とする市場から期待する反応を得るために、複数のマーケティング要素を組み合わせることです。

売り手側の視点である「4P理論」と、買い手側の視点である「4C理論」がよく知られていますが、この設問の「製品」「価格」「流通」「販売促進」は4P理論の構成要素です。
  • Product(製品)
  • Price(価格)
  • Place(流通)
  • Promotion(販売促進)
  • ソーシャルマーケティングは、利益追求目的のマーケティングではなく、社会全体の利益や福祉向上を意識した広報活動やプロモーションを行うことで製品・サービスの販売に繋げていこうとするマーケティング活動です。
  • ダイレクトマーケティングは、見込み客や購入客である顧客(個人・企業)に対して個別に行われるマーケティング活動です。
  • マーケティングチャネルは、商品が顧客に届くまで、流通を辿るプロセスに関わる、経路や相互依存的な各組織集団のことです。 製造者、卸売業者、中間業者、小売業者などがマーケティング・チャネルに該当します。
  • 正しい。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop