ITパスポート 平成26年春期 問31

問31

システム監査の対象に関する記述として,適切なものはどれか。
  • 一般の民間企業の情報システムは対象としない。
  • インターネットを使っていない情報システムは対象としない。
  • 会計以外の業務については対象としない。
  • 情報システムを利用していない業務は対象としない。

分類

マネジメント系 » システム監査 » システム監査

正解

解説

システム監査は、情報システムの信頼性・安全性・効率性などの向上のために、客観的な立場であるシステム監査人が情報システムを総合的に評価し、助言・勧告・改善活動のフォローアップまでを行うことです。
  • 民間企業の対象とします。
  • インターネットに接続されていない情報システムも対象です。
  • 公認会計士が行う会計監査は会計業務のみが対象ですが、システム監査では情報システムを使用している全ての業務が監査対象となります。
  • 正しい。システム監査の対象は情報システムなので、情報システムが利用されていない業務はシステム監査の対象外です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop