ITパスポート 平成26年春期 問47

問47

リバースエンジニアリングの説明として,適切なものはどれか。
  • 確認すべき複数の要因をうまく組み合わせることによって,なるべく少ない実験回数で効率的に実験を実施する手法
  • 既存の製品を分解し,解析することによって,その製品の構造を解明して技術を獲得する手法
  • 事業内容は変えないが,仕事の流れや方法を根本的に見直すことによって,最も望ましい業務の姿に変革する手法
  • 製品の開発から生産に至る作業工程において,同時にできる作業を並行して進めることによって,期間を短縮する手法

分類

マネジメント系 » ソフトウェア開発管理技術 » 開発プロセス・手法

正解

解説

リバースエンジニアリングは、既存ソフトウェアの動作を解析するなどして、製品の構造を分析し、そこから製造方法や動作原理、設計図、ソースコードなどを調査する技法です。
  • 実験計画法の説明です。
  • 正しい。リバースエンジニアリングの説明です。
  • BPR(Business Process Reengineering)の説明です。
  • コンカレントエンジニアリングの説明です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop