ITパスポート 平成26年春期 問64

問64

関係データベースの主キーに関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 各表は,主キーだけで関係付ける。
  • 主キーの値として,同ーのものがあってもよい。
  • 主キーの値として,NULLをもつことができない。
  • 複数の列を組み合わせて主キーにすることはできない。

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

主キーは、テーブル(表)ごとに設定されテーブルの中で、ある一つの行を一意に特定できる値を保持する属性(列)又はその組合せです。

主キーとなる属性(列)又はその組合せは、「一意性制約」および「NOT NULL制約」という2つの特性を持っていなければなりません。
一意性制約
表内の1つの行を一意に識別することができる
NOT NULL制約
値としてNULL値(空値)をもつことがない
したがって適切な記述は「ウ」になります。
  • 各表は、主キーと外部キーによって関連つけられます。
  • 同一のものがあると表内の1つの行を識別することができません。
  • 正しい。
  • 複数の列の値の組合せでで1つの行を特定する複合主キーもあります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop