ITパスポート 平成26年春期 問81

問81

無線LANに関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • PC以外では使用することができない。
  • アクセスポイントが無くても1対1でなら通信できる動作モードがある。
  • 暗号化の規格は1種類に統一されている。
  • 障害物が無ければ距離に関係なく通信できる。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク方式

正解

解説

無線LANにはアクセスポイントを介して通信を行うインフラストラクチャモードと、対応する子機同士が直接通信を行うアドホックモードという2つの通信形態があります。
ニンテンドーDSやPSPでの複数人プレイや、カメラからプリンタへのダイレクトプリントは、このアドホックモードの使用例です。
  • 無線LANアダプタを内蔵、又は外付け可能な機器であれば無線LANを使用することが可能です。
  • 正しい。
  • 無線LAN通信の暗号化規格は、WEP,WPA,WPA2など複数があります。(WEPは脆弱性が指摘されているため使用が推奨されません)
  • 無線LANの規格により異なりますが、伝送可能距離は障害物がない場合でも80〜300mと有限の範囲です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop