ITパスポート 平成26年春期 問84

問84

システムで利用するハードディスクをRAIDのミラーリング構成にすることによって,高めることができる情報セキュリティの要素はどれか。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ管理

正解

解説

ミラーリングは、同じデータを2台のディスクに書き込むことで、信頼性を向上させる仕組みです。

ミラーリングを採用したシステムでは、片方のハードディスクに障害が発生しても、もう片方のハードディスクは正常に稼働しているので、継ぎ目なく業務処理を続行することができ、システムの可用性を高めることができます。
可用性
情報セキュリティマネジメントの概念の一要素で、障害が発生しても安定したサービスを提供でき、ユーザが必要な時にシステムを利用可能である特性

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop