ITパスポート 平成26年春期 問86

【問85〜88は中問形式の出題です。中問Aの問題文を読んでから回答してください。】

問86

Yさんは,電話受付センタにおける時間別の電話受付件数と時間別に必要なオペレータ数の関係について,現状から施策実施後の試算値を求めるために,図1のワークシートを作成した。セルI4〜I15には〔受付状況〕を基に施策実施後の受付件数によってオペレータ数を求めるための計算式を入れてある。
 図1のaに表示される値はどれか。ここで,オペレータ数は,電話を受け付けるのに必要な時間別の要員数である。

〔受付状況〕
  • 現状の時間別の受付件数は,過去1年間の平均である。
  • 施策実施後の時間別の受付件数及びオペレータ数は,試算値である。
  • 注文の受付に掛かる時間は1件当たり平均8分である。
86.gif/image-size:516×448

分類

テクノロジ系

正解

解説

施策実施後の20:00〜21:00の受付件数158件は、現状のデータである東西合計の150件の5%増の件数です。

1件当たりの対応時間が8分なので、158件分の総対応時間は、

 8分×158件=1264分

1264分と分かります。オペレータは1人につき60分の受付が可能なので、

 1264分÷60分=21.0666…

すべての問合せに対応するために必要なオペレータ数は22人です。したがってaに表示される値は「22」が適切です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop