ITパスポート 平成26年春期 問87

【問85〜88は中問形式の出題です。中問Aの問題文を読んでから回答してください。】

問87

電話受付センタのオペレータの勤務形態は,図2に示すように勤務時間によって四つのパターンに分けられている。Yさんは,電話受付センタを集約することによって削減可能なオペレータの人数を試算することにした。表1のように,電話受付センタ集約後に時間帯A〜Dの各時間帯で最低限必要な人数を設定したとき,オペレータに掛かる費用を最小化するために考慮すべき条件として,適切でないものはどれか。

〔前提〕
  • オペレータ1人に掛かる費用は,"時間給×勤務時間"で算出する。
  • オペレータの時間給は,どの勤務パターンでも同じである。
  • どの勤務パターンでも最低1人はオペレータがいるものとする。
87.gif/image-size:474×340
  • P1〜P4は1以上であること
  • Q1〜Q4の合計よりもP1〜P4の合計が大きいこと
  • 勤務パターンごとの"時間給×勤務時間×人数"の総和が最小になること
  • 時間帯別の勤務中のオペレータの人数は最低必要人数を満足すること

分類

マネジメント系

正解

解説

  • 「(3)どの勤務パターンでも最低1人はオペレータがいること」という前提条件があるので適切です。
  • 正しい。Q1〜Q4の合計は最低限必要となるオペレータ数の累計を表し、P1〜P4の合計は勤務するオペレータの累計を表しています。
    しかし時間帯ごとに最低必要人数が異なること、および勤務パターンごとのオペレータ数も同じではないため単純な人数の比較を条件にすることはできません。
  • オペレータにかかる費用を最小化したいので適切な条件です。
  • すべての問合せに対応するために必要な条件です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop