ITパスポート 平成26年春期 問90

【問89〜92は中問形式の出題です。中問Bの問題文を読んでから回答してください。】

問90

製品Hには,社外から仕入れている部品Jが使われている。この部品Jの仕入価格が来月から値上がりする可能性が出てきた。部品Jが値上がりし,製造方法として案Bを採用する場合,図1の製造台数と製造原価のグラフはどのようになるか。ここで,元の製造台数と製造原価の関係を実線で,部品Jの仕入価格が値上がりした場合の関係を破線で示す。

分類

ストラテジ系

正解

解説

部品Jの所要数は、製品Hの製造台数によって増減するため、部品Jの費用は変動費に分類されます。

固定費は、2000万円で以前と変わりませんが、変動費が製造台数(部品Jの所要数)に比例して割高になっていくため、値上がり後の製造原価は「ウ」の破線のようになります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop