ITパスポート 平成27年秋期 問20

問20

図書を特定するために世界標準として使用されているコードはどれか。

分類

ストラテジ系 » 法務 » 標準化関連

正解

解説

ISBN(International Standard Book Number)は、世界共通で書籍を一意に特定するために付けられている番号です。日本語では国際標準図書番号と訳されます。

現行のISBNコードは13件(ISBN-13)で「出版された国・言語圏」「出版者」「書籍名」を表す記号が含まれています。
20.gif/image-size:348×249
2006年までは10桁のISBN-10が使用されていました。
  • 正しい。
  • ITF(Interleaved Two of Five)は物流商品を識別するため使用されるバーコード体系で、ダンボールなどの印刷条件が悪いものに対しても印刷が容易で、ある程度離れた場所からも読取りが可能という特徴があります。
  • JANコードは、日本で最も普及している商品識別コードおよびバーコード規格で、13桁のタイプと8桁のタイプがあります。
  • QRコードは縦横の情報をもち格納できるデータ量が多い2次元コードです。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop