ITパスポート 平成27年秋期 問34

問34

ITサービスマネジメントのリリース管理では,変更管理によって計画し,認可されたものを本番環境に実装する作業を行う。リリース管理に関する記述として,適切なものはどれか。
  • 変更に関係のある利用者,運用管理者などには,リリース完了後に情報を提供すればよい。
  • リリース計画時には,計画した時間内に作業を完了できない場合も想定する。
  • リリース後は,新たな障害が発生する可能性はないので備えは不要である。
  • リリースの規模にかかわらず,リリースは全ての利用者に対して同時に実施する。

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスサポート

正解

解説

  • 関係者全員に対して事前にリリース計画、実施内容を通知しなくてはなりません。
  • 正しい。リリース作業は限られた時間で行うため、事前策として、リリース作業における障害発生時の対応策や、やり直しや旧環境に戻す策を選択する判断基準も用意しておくべきです。
  • 切替えトラブルに備えて、旧運用に戻すなどの対策をとれるようにしておくべきです。
  • 変更規模による影響の大きさを考慮して、新旧の並行運用や段階的にリリースを実施するなどの方式を選択することができます。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop