ITパスポート 平成27年秋期 問4

問4

システム化構想の立案の際に,前提となる情報として,適切なものはどれか。
  • 経営戦略
  • システム要件
  • 提案依頼書への回答結果
  • プロジェクト推進体制

分類

ストラテジ系 » システム企画 » システム化計画

正解

解説

システム化構想の立案は、システム化計画を策定する前に実施される工程で次のようなタスクが行われます。
  1. 経営要求,課題の確認
  2. 事業環境,業務環境の調査分析
  3. 現行業務,システムの調査分析
  4. 情報技術動向の調査分析
  5. 対象となる業務の明確化
  6. 業務の新全体像の作成
  7. 対象の選定と投資目標の策定
  8. システム化構想の文書化と承認
  9. システム化推進体制の確立
システム化構想の立案では、名称の通りシステムの構想を練っている段階なので、具体的なシステムについての情報よりも経営要求,課題を確認し、周辺環境を調査分析するという段階になります。

システムの構想を練るときに最も重要となるのが「経営戦略との整合性」です。取得されるシステムは組織の中長期計画と連動し、経営戦略を実現するものでなくてはなりません。

したがって「ア」が適切です。
  • 正しい。
  • システム開発工程の前提条件です。
  • 委託開発する場合に、ベンダを選定するための前提条件です。
  • 開発プロジェクトを構築する際の前提条件です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop