ITパスポート 平成27年秋期 問54

問54

関係データベースの設計に関する説明において,a〜cに入れる字句の適切な組合せはどれか。

対象とする業務を分析して,そこで使われるデータを洗い出し,実体やaから成るbを作成する。作成したbをもとに,cを設計する。

分類

テクノロジ系 » データベース » データベース設計

正解

解説

E-R図は、データベース化の対象となる実体(エンティティ)と実体の持つ属性(アトリビュート)、及び、実体間の関連(リレーションシップ)を表現する図です。
任意のオブジェクトとその関連をデータモデル化することができますが、主に関係データベースの設計に利用されています。

設問はデータベースの設計に関する文章のためbE-R図が適切です。またaはE-R図で表現されるものなので(実体間の)関連、E-Rを基に作成されるのは関係データベースのテーブルです。

したがって、
a=関連
b=E-R図
c=テーブル
の「ウ」が正しい組合せです。
54a.gif/image-size:343×141

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop