ITパスポート 平成27年秋期 問68

問68

通信方式に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 回線交換方式は,適宜,経路を選びながらデータを相手まで送り届ける動的な経路選択が可能である。
  • パケット交換方式はディジタル信号だけを扱え,回線交換方式はアナログ信号だけを扱える。
  • パケット交換方式は複数の利用者が通信回線を共有できるので,通信回線を効率良く使用することができる。
  • パケット交換方式は無線だけで利用でき,回線交換方式は有線だけで利用できる。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク方式

正解

解説

2つの交換方式には次のような特徴があります。
回線交換方式
電話などのように通信を行う2者間で独占的に使用する通信路を確保して通信を行う方式。
網内が混雑しても遅延が発生する可能性が低いが、少量の通信が断続的に行われる場合には回線の使用効率が低下する。
パケット交換方式
送信データをパケットと呼ばれる単位に分割し、それぞれのパケットに宛先などの情報を付加して送信する方式。
1つの通信路を複数の機器が共有して使うので網内の混雑により遅延が発生する可能性があるが、回線の使用効率が高い。
68.gif/image-size:517×451
  • パケット交換方式に関する記述です。
  • 回線交換方式はアナログ・ディジタルのどちらも扱うことができます。携帯電話やISDNでの音声通信はディジタル信号での回線交換方式です。
  • 正しい。
  • どちらの方式も有線・無線で使用できます。携帯電話では音声通信は回線交換網、データ通信はパケット交換網で処理されています。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop