ITパスポート 平成27年秋期 問78

問78

一度に複数の相手に電子メールを送信するとき,電子メールを受け取った相手が自分以外の受信者のメールアドレスを知ることがないようにしたい。このとき,送信したい複数の相手のメールアドレスを記述する場所として適切なものはどれか。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク応用

正解

解説

電子メールでは送信先を指定するときに、個別にあて先を指定する to 以外に、cc と bccを指定することができます。
To(宛先)
メールの宛先を指定する欄。複数のメールアドレスを「,(コンマ)」又は「;(セミコロン)」で区切って指定することで複数のメールアドレスを宛先とすることもできる。
Cc(Carbon Copy)
toで指定した送信先以外に、メールのコピーを送信しておきたい相手を指定する機能のこと。
この指定では、toの相手及びccで指定した相手に、あて先のすべてが公開される。つまり送信者、toの相手、ccの相手の3者間ではメールのアドレスが全員に知られることになる。
Bcc(Blind Carbon Copy)
ccと同じくtoで指定した送信先以外に、メールのコピーを送信しておきたい相手を指定する機能のこと。
この指定を用いると、toの相手及びbccで指定した相手に、自分以外の送り先のアドレスが通知されないため、toの相手とbccの相手の相互間で電子メールアドレスを知られたくない場合に使用する
電子メールを一斉送信する際に、受信した自分以外のどの相手に送ったかを知られないようにするには、指定した宛先のメールアドレスが他の宛先には通知されない Bcc を使用するのが適切です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop