ITパスポート 平成27年春期 問11

問11

次の条件で,製品Xを製造する。部品Y,部品Zの歩留りが表のとおりであるとき,製品Xを300個製造するために必要な部品Yの原材料投入量aは何kgか。ここで,製品Xの歩留りは100%で,部品は全て新規に製造するものとする。

〔製品Xの製造条件〕
  • 1個の組立て製品Xは,3個の部品Y及び1個の部品Zで構成されている。
  • 部品Y及び部品Zは,それぞれの原材料から製造して用いる。
  • 部品Y及び部品Zは,原材料1kgから1個製造することができる。
11.gif/image-size:351×111

分類

ストラテジ系 » ビジネスインダストリ » エンジニアリングシステム

正解

解説

製品Xを1個製造するために部品Yが3つ、部品Zが1必要なので、300個を製造する場合
  • 部品Y…900個
  • 部品Z…300個
が必要数です。

部品Yを1個製造するためには原材料1kgが必要で、製造する際の歩留り率は 90% なので、

 a×0.9=900
 a=900÷0.9
 a=1000(kg)

したがって原材料投入量は 1000kg になります。
歩留り(ぶどまり)
製造など生産全般において、原材料(素材)の投入量から期待される生産量に対して、実際に得られた製品生産数(量)比率。100kgの原材料から80kgの製品が得られた場合の歩留りは 80/100=80% となる。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop