ITパスポート 平成27年春期 問16

問16

RFPを作成する目的として,最も適切なものはどれか。
  • 開発を委託する場合の概算委託額をベンダに提示する。
  • 将来のシステム開発に向けて,最適な先進技術に関する情報を入手する。
  • 内製,開発の委託,製品の購入といった調達手続を標準化する。
  • ベンダに提案書の提示を求め,発注先を適切に選定する。

分類

ストラテジ系 » システム企画 » 調達計画・実施

正解

解説

RFP(Request For Proposal,提案依頼書)は、情報システムの調達を予定している企業・組織が、発注先候補のITベンダに対して具体的なシステム提案をするように求めること、または委託するシステムの要件や調達要件を取りまとめた文書です。

RFPは通常、選定対象の複数のITベンダに対して発行され、それぞれのITベンダの提案書を元に発注先の選定が行われます。
  • 委託額はITベンダからの提案書で提示されます。
  • RFI(Request For Information,情報提供依頼書)の目的です。
  • 共通フレームの目的です。
  • 正しい。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop