ITパスポート 平成27年春期 問46

問46

システム開発プロジェクトの品質マネジメントには,成果物の品質要求事項や品質標準を定め,それらを達成するための方法を明確にする品質計画プロセスがある。品質計画プロセスの考え方として,適切なものはどれか。
  • 過去のシステム開発プロジェクトの成果物に全く同じものが無ければ,過去の品質標準は参考にならない。
  • 全てのプロジェクトでスケジュールを最優先すべきなので,目標とする品質を達成させるためのレビューやテストの期間は短くしてよい。
  • 全てのプロジェクトで品質を最優先し,成果物の品質を高めるためには予算に制約を設定すべきではない。
  • 目標とする品質を達成させるための活動によってもたらされる,手直しの減少や生産性の向上,ステークホルダの満足度の向上などの効果と,必要なコストを比較検討する。

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

PMBOKでは、プロジェクト品質マネジメントを「品質計画」「品質保証」「品質管理」の3つのプロセスで行うとしています。
その中で品質計画プロセスは、プロジェクトの品質を保証し改善していくための組織構造、責任、手順などを定義するプロセスです。
  • 過去の類似した成果物を参考にすることも有効な手段です。
  • プロジェクトごとに「納期」「コスト」「品質」のどれが優先されるかは異なるので、必ずしもスケジュール最優先の品質計画になることはありません。
  • 品質計画は、プロジェクトの制約を考慮したものでなくてはなりません。
  • 正しい。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop