ITパスポート 平成27年春期 問51

問51

互換CPUに関する記述のうち,最も適切なものはどれか。
  • オリジナルのCPUで動作するのと同じOSやアプリケーションソフトを動作させることができる。
  • オリジナルのCPUの特許が有効な期間は,開発・製造することはできない。
  • シングルコアCPUに対応する互換CPUは開発されているが,マルチコアCPUに対応する互換CPUは存在しない。
  • 古くなったPCの性能を向上させるために用いられるCPUであり,新製品のPCに採用されることはない。

分類

テクノロジ系 » ハードウェア » コンピュータ・入出力装置

正解

解説

互換CPUは、オリジナルのCPUと搭載されている命令セットが同じで、そのCPUと置き換えても同じソフトウェアが動作するCPUです。性能が同じくらいであれば互換CPUのほうが価格が安いことがメリットです。
AMD社製CPUは、現在多くのパソコンには搭載されているインテル社製CPUと互換性をもつCPUで、互換CPUの代表的存在です。
  • 正しい。
  • オリジナルと内部構造が異なっている互換CPUは、特許権の侵害にはなりません。
  • マルチコアCPUや64ビットCPUの互換CPUが存在します。
  • 新製品のPCにも採用されています。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop