ITパスポート 平成27年春期 問64

問64

システムや機器の信頼性に関する記述のうち,適切なものはどれか。
  • 機器などに故障が発生した際に,被害を最小限にとどめるように,システムを安全な状態に制御することをフールプルーフという。
  • 高品質・高信頼性の部品や素子を使用することで,機器などの故障が発生する確率を下げていくことをフェールセーフという。
  • 故障などでシステムに障害が発生した際に,システムの処理を続行できるようにすることをフォールトトレランスという。
  • 人間がシステムの操作を誤らないように,又は,誤っても故障や障害が発生しないように設計段階で対策しておくことをフェールソフトという。

分類

テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの構成

正解

解説

  • フェールセーフを説明した文です。
  • フォールトアボイダンスを説明した文です。
  • 正しい。
    フォールトトレランスは、システムの一部に障害が発生しても全体としては停止することなく稼働を続け、その間に復旧を図るようにシステムを設計する考え方です。
  • フールプルーフを説明した文です。
    フェールソフトは、システムに障害が発生した時に、多少の性能の低下を許容し、システム全体の運転継続に必要な機能を維持させようとする考え方です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop