ITパスポート 平成27年春期 問88

【問85〜88は中問形式の出題です。中問Aの問題文を読んでから回答してください。】

問88

入退室管理で用いるデータベースを使って,入退室に関する調査を行うことにした。図1の三つの表のデータを使って行うことができる調査はどれか。
  • 1日ごと区画ごとでの社員の入室と退室の記録回数が一致しない原因別に社員数を集計し,最も多い原因を特定する。
  • 一度の解錠で同時に複数の社員が入退室することで,入室と退室の記録回数が一致しなかった社員について,他のどの社員の入室又は退室のときに,一緒に入ったかを調べる。
  • 各部署に所属する社員が,各区画に入室した回数を,月ごとに集計する。
  • 入室が許可されていない区画への社員の入室の回数を,1日ごと区画ごとに集計する。

分類

テクノロジ系

正解

解説

  • 不正な入退室には共連れや他人のICカード使用、認証を何らかの方法でパスするなどの原因がありますが、データベースに記録されていないので集計することはできません。
  • どの社員と一緒に入室したかはわからないので調べることができません。これを調べるには監視カメラの設置するなどの対策をとる必要があります。
  • 正しい。入退室ごとに年月日と区画番号、ICカード番号が記録されているので集計が可能です。
  • 不正な入室は記録に残らないので集計できません。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop