ITパスポート 平成28年秋期 問16

問16

コーポレートガバナンスの説明として,最も適切なものはどれか。
  • 競合他社では提供ができない価値を顧客にもたらす,企業の中核的な力
  • 経営者の規律や重要事項に対する透明性の確保,利害関係者の役割と権利の保護など,企業活動の健全性を維持する枠組み
  • 事業の成功に向けて,持続的な競争優位性の確立に向けた事業領域の設定や経営資源の投入への基本的な枠組み
  • 社会や利害関係者に公表した,企業の存在価値や社会的意義など,経営における普遍的な信念や価値観

分類

ストラテジ系 » 法務 » その他の法律・ガイドライン

正解

解説

コーポレートガバナンス(Corporate Governance)は、企業の経営について利害関係者が監視・規律することで「企業の収益力の強化」と「企業の不祥事を防ぐ」という2つを達成するための仕組みです。日本語では企業統治と呼ばれます。

したがって「イ」が正解です。
  • コアコンピタンスの説明です。
  • 正しい。コーポレートがバナンスの説明です。
  • 事業ポートフォリオなどのフレームワークの説明です。
  • CSR(Corporate Social Responsibility)の説明です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop