ITパスポート 平成28年秋期 問20

問20

A社は競合する他社とのポジショニングの分析を行った。3社の中でA社が最高の評価を得るには,A社のブランドの評価項目は,最低何ポイントが必要か。
 なお,各評価項目の最低値は1ポイント,最高値は10ポイントとし,それぞれの評価項目の重み付けをした合計値で各社の評価を行うものとする。
20.gif/image-size:381×140

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » 経営戦略手法

正解

解説

ポジショニング分析は、効率的かつ効果的な販売戦略を展開するために客観的なデータを分析し、自社と他社で競合している製品・サービスの位置づけを明確にする手法です。

まずB社およびC社の「項目ごとの評価」に「項目ごとの重み」を乗じた値を合計してスコアを算出します。

[B社]
 (9×1)+(7×4)+(10×3)+(6×2)=79
[C社]
 (6×1)+(9×4)+(7×3)+(10×2)=83

次に評価項目"ブランド"を除いたA社のスコアを算出します。

[A社]
 (10×1)+(10×4)+(6×3)=68

C社との差異は15ポイントなので、A社が最も高いスコアとなるためにはブランドの評価値×重みには16ポイント以上が要求されます。ブランドの重みが2なので、これと乗算を行う評価値には最低でも8が必要です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop