ITパスポート 平成28年秋期 問32

問32

データベース化された顧客情報を活用し,優良顧客を抽出する方法として,適切なものはどれか。
  • 3C分析
  • RFM分析
  • SWOT分析
  • バリューチェーン分析

分類

ストラテジ系 » 経営戦略マネジメント » マーケティング

正解

解説

RFM分析は、顧客の購買情報が記録されたデータベースをもとに、Recency(最終購買日)・Frequency(累計購買回数)・Monetary(累計購買金額)に注目して顧客の購買行動の分析を行う顧客分析手法です。顧客1人に対してそれぞれの要素を5〜7段階でランク付けし、企業にとって価値の高い顧客層と見込みがない顧客層というように顧客の性質ごとにグルーピングを行うことで、各グループに応じたマーケティング活動を展開することが可能になります。

4つの分析手法のうち、顧客のグルーピングが可能なのはRFM分析だけなので「イ」が正解です。
  • 3C分析は、マーケティング分析に必要不可欠な3要素…顧客(Customer)、自社(Company)、競合他社(Competitor)について自社の置かれている状況を分析する手法です。
  • 正しい。
  • SWOT分析は、社内外の経営環境をS(強み)・W(弱み)・O(機会)・T(脅威)の4つに分類することで企業の置かれている立場を分析する手法です。
  • バリューチェーン分析は、業務を「購買物流」「出荷物流」「販売・マーケティング」「サービス」という5つの主活動と、「調達」「技術開発」「人事・労務管理」「全般管理」の4つの支援活動に分類し、どの部分(機能)で製品の付加価値が生み出されているかを分析する手法です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop