ITパスポート 平成28年秋期 問43

問43

10か月で完成予定のソフトウェア開発プロジェクトにおいて,投入人数及び月末時点での進捗は表のとおりである。プロジェクトの立ち上がりで効率が悪かったことから,5月末時点の進捗が計画の50%に対して40%であった。4月以降の生産性が維持できるとすると,開発期限厳守のためには6月以降に必要な追加人員は最低何人か。ここで,追加人員の生産性は,既に投入済みの人員の4月以降の生産性と同じとする。
43.gif/image-size:522×106

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

未完成の部分の割合は(100-40=)60%であるため、残り5カ月で完成させるためには、

 60÷5=12(%)

1か月当たり12%を進捗させなければなりません。

5月までは各月10名の要員が投入され4月と5月は進捗実績はともに10%であるため、4月以降の生産性は1%/人月(1人が1ヶ月の作業を行うと1%進捗する)です。したがって1ヶ月に12%進捗させるためには各月12名の要員の投入が求められます。
現時点での要員数は各月10名なので、予定通りに完成させるためには最低でも2名の要員を追加する必要があります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop