ITパスポート 平成28年秋期 問49

問49

ITサービスマネジメントのプロセスにおいて,資産管理が適切に実行されているかどうかの判断に有効な計測項目はどれか。
  • 解決された問題の件数
  • 緊急リリースの件数
  • 仕様変更の実装が失敗した件数
  • 未使用のソフトウェアライセンス数

分類

マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスマネジメント

正解

解説

ITサービスマネジメントにおける資産管理とは、組織において利用しているソフトウェア(画像やフォントファイル等を含む)および、それが稼働するハードウェア並びに、ソフトウェアライセンスという3つの資産を管理することをいいます。資産管理は、これらの資産に係るリスク(コスト・セキュリティ・ライセンスなど)を最適化することを目的としています。
資産管理の管理項目の1つにソフトウェアライセンスがあります。経済的にはソフトウェアライセンスは業務に使用する分だけ購入するのが最も良い状態で、必要以上の未使用ソフトウェアライセンスの存在は無駄なコストに繋がります。資産管理の活動によって適切なライセンス管理が行われていれば、未使用のソフトウェアライセンス数は必要最小限に抑えられているはずです。したがって「未使用のソフトウェアライセンス数」を見ることで資産管理活動の適切性を判断できます。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop