ITパスポート 平成28年秋期 問72

問72

プライベートIPアドレスに関する記述として,適切なものはどれか。
  • プライベートIPアドレスは,ICANN(The Internet Corporation for Assigned Names and Numbers)によって割り当てられる。
  • プライベートIPアドレスは,PCやルータには割当て可能だが,サーバのように多数の利用者からアクセスされる機器には割り当てることはできない。
  • プライベートIPアドレスを利用した企業内ネットワーク上の端末から外部のインターネットへのアクセスは,NAT機能を使えば可能となる。
  • プライベートIPアドレスを利用するためには,プロバイダ(ISP)に申請して承認を受ける必要がある。

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク応用

正解

解説

IPアドレスは、インターネットやLANなどのIPネットワークに接続されたコンピューターなどを識別するために割り振られる番号で、IPネットワーク上の住所のようなイメージです。端末に設定されるIPアドレスは、プライベートIPアドレスとグローバルIPアドレスに分類されます。
プライベートIPアドレス
インターネットに接続されていない組織内LANのような閉じたネットワークで振り当てられるIPアドレス。定められたアドレス範囲の中からネットワーク管理者の裁量で自由に設定できる。プライベートIPアドレスではインターネットに接続できない。
グローバルIPアドレス
インターネットに接続する際に必要となるIPアドレス。ICANNによって世界中で重複がないように管理されていて、ISPと契約することで使用許可を受けられる。
インターネットへのアクセスにはグローバルIPアドレスが必要です。組織内LANのコンピュータが送信したデータは、送信元がプライベートIPアドレスになっているため、そのままではインターネットに接続することができません。この問題を解決するのがルータやファイアウォールに備えられている「NAT機能」です。
NAT(Network Address Translation)は、企業や組織のネットワーク内で自由に割り当てられているプライベートIPアドレスとインターネット上で固有のアドレスであるグローバルIPアドレスを1対1で相互に変換する技術です。通常はインターネットとの境界に位置するルータやファイアウォールによってIPアドレスの変換が行われています。
72.gif/image-size:515×201
  • プライベートIPアドレスはネットワーク管理者が自由に設定できます。ICANNから割り当てられるのはグローバルIPアドレスです。
  • サーバにもプライベートIPアドレスを割り当てます。
  • 正しい。NAT機能でアドレスの相互変換が行われることによってインターネットアクセスが可能になっています。
  • プライベートIPアドレスは既定の範囲内でネットワーク管理者が自由に設定できます。ISPに申請を行うのはグローバルIPアドレスです。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop