ITパスポート 平成28年秋期 問8

問8

経営戦略に基づき全社の情報システム戦略を策定し,それを受けて個別システムについての企画業務,開発業務を行う。このとき,全社の情報システム戦略を策定する段階で行う作業として,最も適切なものはどれか。
  • システム移行計画の立案
  • システムテスト計画の立案
  • 情報化投資計画の立案
  • 調達計画の立案

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 情報システム戦略

正解

解説

情報システム戦略は、経営戦略に沿った情報システム全体のあるべき姿を明確にして、組織としての情報システム全体の最適化方針を決定する目的で策定されます。この情報システム戦略に基づいて「全体システム化計画」や「情報化投資計画」が策定されていきます。
個別システムの企画業務、開発業務は全体システム化計画に基づいて実施されるため、これらに属する作業は情報システム戦略を策定よりも後のフェーズで行われます。したがって情報システム戦略を策定と同時期に行う作業としては「ウ」が適切です。
  • 開発業務で行う作業です。
  • 開発業務で行う作業です。
  • 正しい。情報システム戦略を策定する段階で行う作業
  • 企画業務で行う作業です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop