ITパスポート 平成28年秋期 問81

問81

複数の利用者がデータベースの同じレコードを更新するときに,データの整合性を保つために行う制御として,適切なものはどれか。
  • 正規化
  • タイマ監視
  • ロールフォワード
  • ロック/アンロック

分類

テクノロジ系 » データベース » トランザクション処理

正解

解説

あるトランザクションが更新中であるデータに対して別のトランザクションから読書き要求があった場合、DBMSは別のトランザクションからのアクセスを一旦待たせることで、同時更新による更新消失と参照異常を防止しています。この仕組みを排他制御といい、他のトランザクションがデータにアクセスできないようにすることを「データをロックする」といいます。またロックを解除することを「アンロック」といいます。

したがって「エ」が正解です。
  • 正規化は、データベースを構築する際に表を一定のルールに従って変形・分割する処理です。利便性やデータの保守性を向上させるために実施されます。
  • タイマ監視は、デッドロックの検出に用いられる機構です。
  • ロールフォワードは、更新後ログファイルを用いて障害で失われた更新内容をデータベースに反映させていく処理です。
  • 正しい。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop