ITパスポート 平成28年秋期 問86

問86

全文検索型検索エンジンの検索データベースを作成する際に用いられ,Webページを自動的に巡回・収集するソフトウェアはどれか。
  • CGI
  • クローラ
  • クロスサイトスクリプティング
  • バックドア

分類

テクノロジ系 » ネットワーク » ネットワーク応用

正解

解説

クローラ(Crawler)は、Web上を自動巡回して文書や画像などの情報を取得・データベース化するプログラムです。主に検索エンジンにおける情報収集に用いられますが、悪意のある業者による電子メールアドレスの自動収集に使用されることもあります。
クローラは、HTML文書中のリンクをたどり、次々と別のページを訪問することを繰り返すことでWeb上を絶えず巡回しています。

したがって「イ」が正解です。
  • Common Gateway Interfaceの略。ユーザの入力した情報によって表示するWebページを変化させるなど、動的なWebページを作成するための仕組みです。
  • 正しい。
  • クロスサイトスクリプティングは、動的にWebページを生成するアプリケーションのセキュリティ上の不備を意図的に利用して、悪意のあるスクリプトを混入させることで、攻撃者が仕込んだ操作を実行させたり、別のサイトを横断してユーザのクッキーや個人情報を盗んだりする行為です。
  • バックドアは、攻撃者が一度不正アクセスに成功したコンピュータ内に秘密裏に設ける、再侵入を容易するための機能です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop