ITパスポート 平成28年春期 問1

問1

連結会計システムの開発に当たり,機能要件と非機能要件を次の表のように分類した。aに入る要件として,適切なものはどれか。
01.gif/image-size:489×127
  • 故障などによる年間停止時間が,合計で10時間以内であること
  • 誤入力した伝票は,訂正用伝票で訂正すること
  • 法定帳票以外に,役員会用資料作成のためのデータを自動抽出できること
  • 連結対象とする会社は毎年変更できること

分類

ストラテジ系 » システム企画 » 要件定義

正解

解説

「機能要件」と「非機能要件」はどちらもシステムに求められる要件ですが、以下のような違いがあります。
機能要件
システムやソフトウェア開発に際して定義される要件のうち、業務要件を実現するための機能に関するもの。業務をシステム化する際に必ず満たすべき要件のことを指す。そのシステムが扱うデータの種類や構造、処理内容、ユーザーインターフェイス、帳票などの出力の形式などが含まれる。
非機能要件
機能要件以外の要件のこと。性能や可用性、及び運用・保守性などの「品質要件」のほか、「技術要件」「セキュリティ」「運用・操作要件」「移行要件」「環境対策」などが非機能要件として定義される項目となる。
これを踏まえて考えると選択肢のうち「ア」は可用性に関する要件であるため非機能要件、それ以外は機能要件に分類されます。
01a.gif/image-size:518×134
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop