ITパスポート 平成28年春期 問12

問12

A社の子会社であるB社では,A社の製品も販売している。A社とB社の当期の売上高,売上原価,売上総利益が表のとおりであり,当期のA社の売上高におけるB社への販売分が2,000百万円である。このとき,連結損益計算書における当期仕入高は何百万円か。ここで,A社はB社からの仕入はないものとする。
12.gif/image-size:495×175

分類

ストラテジ系 » 企業活動 » 会計・財務

正解

解説

連結損益計算書は、大企業が決算書を作成するときに、株式を保有する子会社や関連会社などのグループ会社の業績を足し合わせて作成する連結財務諸表です。

連結決算は、全てのグループ会社をまとめて単一の組織として考えた場合の財政状態・経営成績を明らかにすることが目的であるため、連結損益計算に計上される数値は親会社と子会社間、又は子会社同士でのグループ間取引(売上と仕入、売上と売掛金など)を相殺・消去したものになります。

設問ではA社の売上のうちB社の分が2,000万円と記述されているため、この2,000万円が内部取引に該当します。したがって連結損益計算書を作成する過程で、
  • A社の売上を−2,000万円 → 18,000万円
  • B社の当期仕入高を−2,000万円 → 1,000万円
の相殺仕訳が行われることになります。

相殺後のA社、B社の損益計算書の金額は以下のようになり、それぞれを足し合わせて連結損益計算書を作成されます。
12a.gif/image-size:525×186
よって連結損益計算書における当期仕入高は、

 13,000+1,000=14,000(万円)

したがって「ウ」が正解です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop