ITパスポート 平成28年春期 問2

問2

不正アクセス禁止法で規制されている行為だけを全て挙げたものはどれか。

  1. Webサイトの利用者IDとパスワードを,本人に無断で第三者に提供した。
  2. ウイルスが感染しているファイルを,誤って電子メールに添付して送信した。
  3. 営業秘密の情報が添付されている電子メールを,誤って第三者に送信した。
  4. 著作権を侵害している違法なサイトを閲覧した。

分類

ストラテジ系 » 法務 » セキュリティ関連法規

正解

解説

不正アクセス禁止法は、コンピュータネットワークに接続できる環境で、本人に許可なく他人のID・パスワードを使って認証が必要なページに接続することを禁止する行為、および本人に承諾なく第三者にIDとパスワードを教える行為などの禁止を定めた法律です。
犯罪行為が成立するためには、以下の4つの要件を満たすことが必要です。
  1. ネットワークに接続されているコンピュータに対して行われたものであること。
  2. ネットワークを通じてコンピュータへのアクセスが行われたものであること。
  3. 他人のID又はアクセス制御機能による特定利用の制限を免れることができる情報又は指令が入力されたものであること。
  4. アクセス制御機能によって制限されている特定利用をすることができる状態にさせたもの(一部のセキュリティ・ホール攻撃のように、特定利用をすることができる状態に止まらず、特定利用をしてしまう行為をも含む。)であること。
  1. 不正アクセス禁止法で規制される行為です。
  2. ウイルスを正当な理由なく作成、提供、供用した場合は「不正指令電磁的記録作成罪(ウイルス作成罪)」となりますが、このケースではウイルスメール送信が意図的ではないため罪になる可能性は低いです。
  3. 故意的又は重大な過失により他人の営業秘密を使用、開示する行為は不正競争防止法で規制されますが、このケースではメール送信が意図的ではないため罪になる可能性は低いです。
  4. 他人のID・パスワードを使用して閲覧している訳ではないため規制の対象外です。
したがって不正アクセス禁止法が対象とする規制行為は「a」のみです。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop