ITパスポート 平成28年春期 問27

問27

企業の業務と情報システムの現状を把握し,目標とするあるべき姿を設定して,全体最適を図りたい。このときに用いられる手法として,適切なものはどれか。
  • DOA(Data Oriented Approach)
  • EA(Enterprise Architecture)
  • OOA(Object Oriented AnaLysis)
  • SOA(Service Oriented Architecture)

分類

ストラテジ系 » システム戦略 » 情報システム戦略

正解

解説

EA(エンタープライズアーキテクチャ)は、社会環境や情報技術の変化に素早く対応できるよう「全体最適」の観点から業務やシステムを改善する仕組みであり、組織全体として業務プロセスや情報システムの構造、利用する技術などを、整理・体系化したものです。
EAでは、「政策・業務体系」「データ体系」「適用処理体系」「技術体系」の4つの体系で、それぞれ、最初に現状を分析した現状モデル(As-Is)を整理し、目標とする理想モデル(To-Be)を描き、最後に現状と理想目標を比較した現実的な次期モデルを作成します。
27.gif/image-size:436×223
設問中の「現状を把握し,目標とするあるべき姿を設定」「全体最適を図りたい」という記述より「EA」が適切とわかります。
  • DOA(データ中心アプローチ)は、様々な要因により変更される可能性のある業務プロセスと比較して、データが安定した資源である事に注目し、データを中心としたシステム,ソフトウェアの設計を行う手法です。
  • 正しい。
  • OOA(オブジェクト指向分析設計)は、オブジェクト指向の考え方に基づいてシステムの設計を行う技法です。
  • SOAは、業務上の一処理に相当するソフトウェアで実現されている機能や部品を独立したサービスとし、それらを組み合わせ連携させることで言語やプラットフォームに依存せずにシステムを構築する手法です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop