ITパスポート 平成28年春期 問35

問35

ITガバナンスの実現を目的とした活動の事例として,最も適切なものはどれか。
  • ある特定の操作を社内システムで行うと,無応答になる不具合を見つけたので,担当者ではないが自らの判断でシステムの修正を行った。
  • 業務効率向上の経営戦略に基づき社内システムをどこでも利用できるようにするために,タブレット端末を活用するIT戦略を立てて導入支援体制を確立した。
  • 社内システムが稼働しているサーバ,PC,ディスプレイなどを,地震で机やラツクから転落しないように耐震テープで固定した。
  • 社内システムの保守担当者が,自己のキャリアパス実現のためにプロジェクトマネジメント能力を高める必要があると考え,自己啓発を行った。

分類

マネジメント系 » システム監査 » 内部統制

正解

解説

ITガバナンス(IT Governance)は、企業が競争優位性を構築するために、IT戦略の策定・実行をガイドし、あるべき方向へ導く組織能力であり、ITへの投資・効果・リスクを継続的に最適化する為の組織的な仕組みです。企業活動を監督・監視する仕組みであるコーポレートガバナンスから派生した概念で、取締役会及び経営陣の責任においてIT戦略を適切に設定する体制を確保することを意味しています。

組織規模でIT戦略・ITの活用を推進している「イ」が、ITガバナンスの事例として適切です。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop