ITパスポート 平成28年春期 問4

問4

健全な資本市場の維持や投資家の保護を目的として,適切な情報開示のために整備されたものはどれか。
  • クーリングオフ制度
  • 製造物責任法
  • 内部統制報告制度
  • 不正アクセス禁止法

分類

ストラテジ系 » 法務 » その他の法律・ガイドライン

正解

解説

内部統制報告制度は、上場企業が、事業年度ごとに当該事業企業の財務報告に係る内部統制の適正性について評価した報告書を有価証券報告書と併せて内閣総理大臣に提出しなくてはならないことを定めた制度で、財務報告の信頼性確保を目的としています。この制度は金融取引法第二十四条の四の四の1を法的根拠とし、虚偽表示及び不提出については罰則も設けられています。

したがって正解は「ウ」です。
  • クーリングオフ制度は、店舗販売以外の訪問販売や勧誘販売などにおいて、契約から定められた日数以内などの条件を満たせば契約を解除できる制度です。クーリングオフできる取引には「訪問販売」「電話勧誘販売」「連鎖販売取引」「特定継続的役務提供」「業務提供誘引販売取引」「訪問購入」の6種があります。
  • 製造物責任法は、製造物の安全性上の欠陥により人の生命、身体又は財産に係る被害が生じた際に製造業者の損害賠償の責任について定めることで、被害者の保護を目的とした法律です。
  • 正しい。
  • 不正アクセス禁止法は、正式名称を「不正アクセス行為の禁止等に関する法律」といい、インターネットなどのネットワークの通信において不正アクセスとそれを助長する行為を規制する法律です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop