ITパスポート 平成28年春期 問51

問51

ある企業では,現在使用しているメールシステムのサポート終了に伴い,新メールシステムに移行する移行プロジェクトを実施している。プロジェクトの要件定義工程において,新メールシステムとして採用する市販のソフトウェアパッケージを選定し,そのパッケージを利用する際に考慮する必要がある条件を整理した。今回のプロジェクトは,移行作業を現行システムのサポート終了までに確実に実施する必要があるが,外部へ支出する費用はできるだけ安くしたい。次のa〜dのうち,条件を考慮した上で外部から調達する必要があるものだけを全て挙げたものはどれか。

〔条件〕
  • 新メールシステムは自社の既存サーバで稼働させる。
  • 採用するソフトウェアパッケージは自社で保有していない。
  • 採用するソフトウェアパッケージを利用して新メールシステムを構築するスキルをもった要員が,自社にはいない。
  • 移行するメールのデータには,機密データが含まれている。
  • メールのデータを移行するためのツールが市販されており,そのツールは自社の要員が使用することができる。
  1. 新メールシステムが稼働するサーバ
  2. 新メールシステムの構築作業
  3. 新メールシステムのソフトウェアパッケージ
  4. 新メールシステムへのデータ移行作業

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

  1. 新メールシステムは自社の既存サーバで稼働させるため、サーバを新たに調達する必要はありません。
  2. 自社には新メールシステムを構築するスキルを持つ要員がいないため、構築作業を外部委託する必要があります。
  3. 自社では採用するソフトウェアパッケージを保有していないため、新たに外部調達する必要があります。
  4. データ移行ツールは市販されているものを購入する必要がありますが、移行作業については自社の要員で対応可能のため調達の必要はありません。
したがって外部から調達する必要のあるものは「b,c」の組合せになります。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop