ITパスポート 平成28年春期 問52

問52

次の表に示す作業全体の最短の所要日数を増やすことなく作業Eの所要日数を増やしたい。最大何日増やすことができるか。
52.gif/image-size:222×159

分類

マネジメント系 » プロジェクトマネジメント » プロジェクトマネジメント

正解

解説

まず表の作業一覧に基づいてアローダイアグラムを作図するところから始めます。

最初に作業開始とともに前提作業のないA,B,Cが開始されます。
52_1.gif/image-size:321×143
次に前提作業が作業Cになっている作業Dの矢印を、作業Cの後ろに書き入れます。
52_2.gif/image-size:321×143
残る作業Eは前提作業として作業B,Dの2つが指定されているためB,Dを1つの結合点に繋げ、そこから作業Eの矢印を書き入れます。
52_3.gif/image-size:321×143
最後に作業Eと作業Aを終了点に繋げば完成です。
52_4.gif/image-size:321×143
この図を見れば一目瞭然で、Aの作業を行っている間にその他の全ての作業は完了することができ、作業全体の最短完了日数は作業Aの所要日数と同じ7日間とわかります。

現在「B→E」の流れで5日間を要していることに注目します。これをクリティカルパスである作業Aの作業日数の7日間に合わせるように作業Eの日数を増やすことを考えると、最大で2日間増やすことが可能です。(所要日数1日→3日)

したがって正解は「ウ」です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop