ITパスポート 平成28年春期 問80

問80

表計算ソフトを用いて,買い物金額に応じたポイント数を計算する。買い物金額が1,000円以下では買い物金額の1%,買い物金額が1,000円を超え3,000円以下では買い物金額の2%,買い物金額が3,000円を超える場合は買い物金額の3%のポイントを付与する。ワークシートのセル A2 に買い物金額が入力されるとき,ポイント数が表示されるセル B2 に入る数式はどれか。ここで,ポイント数の小数点以下は切捨てとする。
80.gif/image-size:228×61

分類

テクノロジ系 » ソフトウェア » 開発ツール

正解

解説

IF関数は、指定した条件が満たすかどうかによって返す値を変える場合に使用される表計算ソフトの関数です。以下は、IF関数の書式とその機能です。
IF(論理式,式1,式2)
論理式の値がtrueのとき式1の値を, falseのとき式2の値を返す。
設問の条件をもとに買い物金額とポイント付加率の関係を表形式で整理すると以下のようになります。
80_1.gif/image-size:215×146
  • 計算式は、買い物金額が3000円以上で3%、それ以外については1000円以上であれば1%、そうでなければ2%を返します。
    80_2.gif/image-size:398×148
    したがって不適切です。
  • 計算式は、買い物金額が3000円超で3%、それ以外については1000円超であれば1%、そうでなければ2%を返します。
    80_3.gif/image-size:398×148
    したがって不適切です。
  • 計算式は、買い物金額が1000円以下で1%、それ以外については3000円以下であれば2%、そうでなければ3%を返します。
    80_4.gif/image-size:398×148
    したがって正しい計算式です。
  • 計算式は、買い物金額が1000円未満で1%、それ以外については3000円未満であれば2%、そうでなければ3%を返します。
    80_5.gif/image-size:398×148
    したがって不適切です。
© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.

Pagetop