ITパスポート 平成28年春期 問87

問87

公開鍵暗号方式を用いた機密データの受渡しに関する記述中のa,bに入れる字句の適切な組合せはどれか。

 データの受信者Aは,自分のa鍵とb鍵を用意してa鍵を送信者Bに送付する。データの送信者Bは,受信者Aから送付されたa鍵を用いてデータを暗号化して受信者Aに送信する。受信者Aは,送信者Bから受信した暗号化されたデータを自分のb鍵を使って復号する。

分類

テクノロジ系 » セキュリティ » 情報セキュリティ対策・実装技術

正解

解説

公開鍵暗号方式は、暗号化と復号に異なる鍵を使用する暗号方式です。暗号化鍵は誰もが使用できるように公開しておき(公開鍵)、復号鍵は受信者が厳重に管理します(秘密鍵)。

公開鍵暗号方式を用いて暗号化通信を行う手順は次の通りです。
  1. 送信者は、受信者の公開鍵を使ってデータを暗号化し、相手に送信する
  2. 受信者は、自分の秘密鍵を使って受信したデータを復号する
87a.gif/image-size:445×91
この暗号通信は「暗号化は誰でもできるが、復号できるのは正規の秘密鍵を持つ受信者だけ」という性質を持ちます。データが途中で傍受されても、秘密鍵を持たない者には復号を行うことができないため安全性が確保されます。

aは暗号化に用いる鍵なので公開鍵bは複号に用いる鍵なので秘密鍵が適切です。したがって適切な組合せは「イ」になります。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop