HOME»ITパスポート 用語辞典»ケーススタディ

ITパスポート試験 用語辞典

ケーススタディ【Case Study】
具体的な事例を詳しく研究・分析し、そこから一般的な法則性を探求する研究方法や教育技法。
分野:
ストラテジ系 » 企業活動 » 経営・組織論
(シラバス外)
重要度:

(Wikipedia ケーススタディーより)

ケーススタディー (case study) とは、実際の事例研究を重視した教育方法のこと。もともとアメリカ合衆国のロー・スクールでケースブックメソッドとして開発された方法だが、近年ビジネス・スクールで盛んに応用されている。

ケーススタディーは「質的アプローチ」 (qualitative approach) として、統計やオペレーションリサーチなどの数量把握を重んじて判断する「量的アプローチ」 (quantitative approach) と対比されることが多い。

米国のハーバード・ビジネス・スクールでこの方法重視の教育は特に有名で、日本でも、慶應義塾大学の慶應ビジネス・スクールなどで使われている。

「経営・組織論」に属する用語
「企業活動」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「ケーススタディー」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop