HOME»ITパスポート 用語辞典»フールプルーフ

ITパスポート試験 用語辞典

フールプルーフ【Fool Proof】
不特定多数の人が操作するシステムに、入力データのチェックやエラーメッセージの表示などの機能を加えることで、人為的ミスによるシステムの誤動作を防ぐように設計する考え方。
分野:
テクノロジ系 » システム構成要素 » システムの評価指標
出題歴:
21年秋期問67 
重要度:

(Wikipedia 信頼性設計より)

信頼性設計(しんらいせいせっけい)とは、工学分野において、システム・装置または部品が使用開始から寿命を迎えるまでの期間を通して、予め期待した機能を果たせるように、すなわち故障や性能の劣化が発生しないように考慮して設計する手法のこと。

フェイルセーフ設計

フェイルセーフ設計(Fail safe design)とは、機械は必ず故障が発生するということを念頭に置き、故障が発生した場合にも、常に安全側にその機能が作用する設計思想。

機械であれば、「仮に故障した場合、壊れたまま動作することによって、周囲に損害や危険を及ぼすことの無い設計」をいう。例えば

  • 壊れやすい部分を設けておき、高い負荷がかかった場合に意図的にその部分が壊れるようにしておくことで、全体が動作しなくなる、など。

電気のヒューズは、電気機械のショートなどによる過電流が流れると焼き切れ、機器の過熱による他の部品の故障や、使用者への危険を回避することができる。

適用例

電気のヒューズ、ボイラーの安全弁、交通信号機、鉄道車両の非常ブレーキ機

フールプルーフ

フールプルーフとは、間違った操作方法でも事故が起こらないようにする安全設計のこと。

フールプルーフの事例

  • 乳幼児が医薬品などの蓋を開けて中身を飲み込み重篤な事故に至ることがある。医薬品を製造する企業はこれら事故への方策として、蓋を回すだけでは開かない仕組みとして特定のボタンを押しながら回さないと開かない仕組みを考案して対処した。乳幼児が一度に二つ以上の操作は出来ないことを逆用したもの。アメリカでは有名な保護法である。
  • 人工呼吸器の酸素濃度設定の設定プラグ類は、機械の設計・製造の時点で21%から下限には設定出来ないように製造されている。一般的な標高地で使用の際、大気圧下・気温での酸素分圧は、およそ21%であるからである。これも一つの「馬鹿避け」と言う観点から、研究され応用されているものである。

類似の意味として、機械が故障しても安全装置などが作動しするといった、安全システムを付加しておくというフールセーフティ (Foolish Safty)がある。また、工場などの生産ラインを主題とした文脈においては、このようなフールプルーフの仕組みがカヨケと呼ばれる。

冗長性設計

設計の世界において2重に対策化を講じておき、システム全体の信頼性を増加させる手法を冗長性という。

機械は通常多くの部品から成り立っており、部品のひとつが破壊したとしても機械全体が連鎖的に停止してしまう場合が生じる。このようなことが起きないために、部品故障があっても他の部品によって機能を代替できるようにするなど、故障を予め考慮した構成の機械としている。こうした、故障時の代替機能を果たす機能を「冗長系」と呼ばれ、こうした冗長系を有するような設計、すなわち冗長性設計を行うことで、設計の信頼度を高めることができる。詳細は冗長化を参照されたい。

出題例

フールプルーフの考え方として,適切なものはどれか。
  • 故障などでシステムに障害が発生した際に,被害を最小限にとどめるようにシステムを安全な状態にする。
  • システム障害は必ず発生するという思想の下,故障の影響を最低限に抑えるために,機器の多重化などの仕組みを作る。
  • システムに故障が発生する確率を限りなくゼロに近づけていく。
  • 人間がシステムの操作を誤ってもシステムの安全性と信頼性を保持する。

正解

「システムの評価指標」に属する用語
「システム構成要素」の他の分野
「テクノロジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「信頼性設計」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop