ITパスポート試験 用語辞典

事業部制じぎょうぶせい
トップマネジメントの下に製品別や商品別、地域別、市場別などの単位で分化し、分化した組織ごとに意思決定を行う組織形態。各事業部ごとに営業・生産・総務・管理などの職能組織があり、独立採算が求められることが特徴の1つである。
分野:
ストラテジ系 » 企業活動 » 経営・組織論
出題歴:
21年春期問29 24年秋期問21 25年春期問22 
重要度:

(Wikipedia 事業部制より)

事業部制(じぎょうぶせい)とは企業において、本社の下に事業ごとに組織を設けるという組織形態。これを行う事で本社の負担を減らし、事業部単位での経済的な収支や意思決定が行われるようになり迅速な経営が出来るようになる。また多角化したり、広域において事業所がある大企業では本社による判断が難しくなるため事業部制が取られるようになった。

史上ではンが1920年に事業部制をとり、これを参考にしてゼネラルモーターズが導入したのが事業部制の始まりである。日本では1933年に松下電器産業(現・パナソニック)が導入したのが初めてとされ、今では上場企業の大多数が事業部制を取っている。

出題例

経営組織のうち,事業部制組織の説明はどれか。
  • 社内組織を小集団に分け,全体を構成する一部の機能として相互作用的に活動させる。
  • 商品企画,購買,製造,営業といった同じ職能を行う単位で,社内組織を分割する。
  • 製品や市場ごとに社内組織を分割し,利益責任単位として権限と目標が与えられる。
  • 二つの異なる組織体系に社員が所属することによって,必要に応じて業務に柔軟に対処する。

正解

「経営・組織論」に属する用語
「企業活動」の他の分野
「ストラテジ系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「事業部制」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop