ITパスポート試験 用語辞典

ITガバナンス【ITgovernance】あいてぃーがばなんす
企業が競争優位性を構築するために、IT戦略の策定・実行をガイドし、あるべき方向へ導く組織能力であり、ITへの投資・効果・リスクを継続的に最適化する為の組織的な仕組み。
分野:
マネジメント系 » システム監査 » 内部統制
出題歴:
21年春期問52 23年秋期問50 24年秋期問34 26年秋期問34 27年春期問42 
重要度:

(Wikipedia ITガバナンスより)

ITガバナンス(I.T. governance)はITへの投資・効果・リスクを継続的に最適化する為の組織的な仕組みのこと。レート・ガバナンスから派生した概念で、2002年4月に起きたみずほ銀行のシステム統合における障害発生を皮切りに声高に叫ばれるようになった。

概要

ITガバナンスの言葉自体は非常に広義にとられ、その定義も様々な説があり、いまだ確立したものは無い状況といえる。

通商産業省(現経済産業省)では「企業が競争優位性の構築を目的としてIT戦略の策定及び実行をコントロールし、あるべき方向へと導く組織能力」と定義しており、日本監査役協会では「リスクマネジメントとパフォーマンスマネジメントを実施するにあたっての健全性確保のためのコンプライアンスマネジメントの確立」と定義している。また、ITガバナンス協会(ITGI)による「取締役会及び経営陣の責任」といった定義も存在する。

出題例

ITガバナンスについて説明したものはどれか。
  • ITサービスの管理・運用規則に関するベストプラクティス(優れた事例)を,包括的にまとめたフレームワーク
  • 企業が競争優位性を構築するために,IT戦略の策定・実行をガイドし,あるべき方向へ導く組織能力
  • 企業が情報システムやITサービスなどを調達する際,発注先となるITベンダに具体的なシステム提案を要求した仕様書
  • サービスを提供するプロバイダが,品質を保証するため,提供するサービスの水準を明確に定義した合意書

正解

「内部統制」に属する用語
「システム監査」の他の分野
「マネジメント系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「ITガバナンス」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop