ITパスポート試験 用語辞典

SLA【Service Level Agreement】えすえるえい
通信サービス事業者などのサービス提供者と利用者の間で交わされる、サービスの品質保証に関する合意もしくは契約文書のこと。
回線の最低通信速度や利用不能時間の上限のようにサービスの品目とそれぞれの保証水準、および保証水準を達成できなかった場合のペナルティ事項などが具体的な数値により示される。
別名:
サービスレベル合意書
分野:
マネジメント系 » サービスマネジメント » サービスマネジメント
出題歴:
21年春期問46 21年秋期問35 23年特別問47 24年春期問30 24年秋期問39 25年秋期問33 26年春期問48 
重要度:

(Wikipedia サービス水準合意より)

サービス水準合意 (Service Level Agreement, SLA) とは、通信サービスやコンピュータ・アプリケーション・サービスなどにおいて、サービスの提供者とその利用者との間に結ばれるサービス水準に関する合意である。サービスレベル契約と言われることもある。サービスの定義、内容、範囲、品質、達成目標などを記述する。

サービス水準に関する仕様を記述したものをサービス水準仕様 (Service Level Specification, SLS) という。



出題例

ITサービスの提供者と顧客の間でサービスレベルに関して取り交わすSLAの目的はどれか。
  • サービスの範囲と品質を明確にする。
  • サービスマネジメントを定期的にチェックする手順を明確にする。
  • システム化目標を明確にする。
  • 要員に必要な教育を明確にする。

正解

「サービスマネジメント」に属する用語
「サービスマネジメント」の他の分野
「マネジメント系」の他のカテゴリ

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス

このページのWikipediaよりの記事は、ウィキペディアの「サービス水準合意」(改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、このページ内の該当部分はクリエイティブ・コモンズ 表示 - 継承 3.0 非移植 ライセンスの下 に提供されています。

© 2009-2017 ITパスポート試験ドットコム All Rights Reserved.


Pagetop